安い中古車と事故車の関係

MENU

安い中古車と事故車の関係記事一覧

中古車販売店にとっては、事故車という概念がないと説明したかと思います。では、どういう概念かというと、その車を修復したのかしていないのかという考え方です。それが、修復歴となって、中古車の価値を大きく左右しています。たった今、壁にぶつかったばかりの車も、事故を起こしているので事故車ではあるのですが、そのような車はまだ市場に出ていませんので、考慮する必要がないのです。修復したか、していないか、これが事故...

中古車販売店の中に、悪質な業者がいないとは限りません。きちんと修復してしまえば、ひと目にはわかりませんから、事故車をそうではないと偽って販売している業者もあることでしょう。そのような詐欺に引っかからないためにも、事故車のチェック項目を理解しておくことは重要です。見た目にわからないのであれば、スタッフに聞いたり、修復履歴を見せてもらったりなどの方法が考えられますが、悪質な業者は、嘘の申告をしたり、嘘...

全ての安い中古車が事故車であるとは言えません。安すぎる中古車も、人気がなくてどうしても売れないから赤字覚悟の金額設定をしていることもあるでしょう。ここはもう、買い手と販売者との信頼関係が物を言うでしょうし、頼るところはそこしかありません。多少面倒に感じても、買い手と売り手のコミュニケーションは、双方の幸せのために必要不可欠なのです。中には、事故車であることを明言して安い金額を提示している販売業者も...

事故車や、修復歴有りの車にはどのような種類があるのでしょうか。それは、事故の種類を考えるとわかりやすいものです。壁や電柱などに単身でぶつかってしまった事故は、物損事故と呼ばれます。被害に遭った人がいない事故のことです。単独事故や、自損事故という呼ばれ方もしています。単独事故で自分にもケガがないからといって胸を撫で下ろすのは早計です。事故は多くの場合道路で起こりますから、後続車への影響を考えなければ...

中古車を、予算以下の価格で手に入れることができたなら、オプションにその予算を回すことができますし、最新のカーナビをつけることもできるでしょう。その車で出かけた旅先で、奮発した料理を楽しむこともできます。安い中古車を手に入れることは、その後の生活がより幸せになる可能性を秘めているのです。事故車を危惧して、安い中古車という選択肢を狭めてしまうことは、勿体無い側面もあります。もちろん、安全面を最重要視し...